セサミンの冷え性対策

セサミンには多くの効能があり、数あるサプリメントの中でも常に高い人気があります。 そんなセサミンの効能のひとつに冷え性の改善があります。

冷え性は女性だけでなく男性にも起こる症状のひとつで、若い人でも冷えで悩むケースが増えています。 セサミンは冷え性の対策に効果があります。

冷えの原因

冷えは季節を問わず、誰にでも起こりえる症状です。 冷えの原因は、運動不足や栄養不足、薄着、自律神経の乱れなどからくる血行不良です。 男性も冷えを感じますが、筋肉量が少ない女性の方がより強く冷えを感じます。

セサミンが冷えを緩和する理由

セサミンは肝臓の機能を高める

セサミンはゴマに含まれる抗酸化物質で、ポリフェノールの一種です。 セサミンは門脈と呼ばれる肝臓に繋がる静脈で吸収されるため、肝臓に届く成分です。 肝臓は血液が大量に集まる臓器で、活性酸素が多く発生するところでもあります。

セサミンは肝臓で有害となる増えすぎた活性酸素を除去し、肝機能を強化します。 肝機能が低下すると、血液の流れが悪くなり、冷え性の原因になると考えられています。

冷え性対策として、肝機能の強化は大切な要素です。 セサミンは肝機能を強め、血行を良くし、冷えから体を守ります。

セサミンは代謝を高める

代謝とは新陳代謝のことで、そのほとんどは肝臓を中心にして行われます。 肝臓はたんぱく質、糖、脂質、ビタミン、ミネラルなどの代謝に関わります。

肝機能が強化されると血行不良が改善され代謝が活発になります。 代謝の高まりは冷え性の改善と大きく関係しています。

セサミンは老化を防止し血管年齢を若く保つ

セサミンは強い抗酸化作用があります。 抗酸化とは体を錆びから守り、細胞や皮膚、内臓、血管の老化を防ぐことです。

特に血管の老化は血管を細く硬くし、血の循環を悪くします。 血管が老化すると、動脈硬化やコレステロール値の上昇が起きやすくなります。 セサミンの老化防止効果で、血管を若く保ち、血行を良くすることで冷え性を改善します。

更年期障害を改善する

更年期にはエストロゲンの分泌が減り、ホルモンバランスが崩れ、自律神経が乱れるので体温調節がうまくいかなくなり、冷えが起きやすくなります。 セサミンは女性ホルモンのエストロゲン様の働きがあり、更年期障害を軽減し、冷えを改善します。

冷え性改善に毎日セサミンを摂取しよう

冷え性を改善する効果のあるセサミンは食品ですので、毎日、継続して食べると効果的です。 セサミンは1日9g程を目安に食べると良いといわれています。

ゴマは硬い表皮が消化、吸収を悪くするので、擦りゴマ、練りゴマを食べるようにします。 ゴマ油にもセサミンが含まれているので、料理に活用しましょう。

サプリメントはセサミンだけのものと、付加価値のある成分が配合されているものがあります。 ビタミンEやローヤルゼリーが配合されているセサミンのサプリメントは、冷え性改善の効果が一層高まります。 酷い冷えに悩まされている方は、こういったタイプのセサミンのサプリメントを試してみると良いでしょう。