セサミンで更年期障害を軽減

更年期障害は40代の後半から50代の半ば頃に起きる症状で、女性ホルモンの減少が発症に大きく関わっています。 更年期障害の症状を軽減するためにはゴマに含まれるセサミンが効果的です。

更年期障害が起きるしくみ

女性は40歳代の後半にさしかかる頃に卵巣機能が低下し、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減少します。 エストロゲンが減少すれば、視床下部から卵巣を刺激する指令が出されます。

しかしそれでも卵巣はうまく反応しません。 そうなると自律神経が乱れます。

自律神経が乱れると、肩こり、のぼせ、異常な発汗、うつ、精神不安、疲労倦怠感、不眠など、いわゆる更年期特有の症状が出ます。 更年期障害は女性ホルモンの減少による自律神経の乱れにより起こります。

セサミンが更年期障害を軽減する理由とは?

セサミンは植物性エストロゲンの一種

セサミンはゴマに含まれるゴマリグナンという抗酸化物質のひとつです。

植物の根や葉、茎、種子などには化合物群のリグナン類が含まれています。 そのうち、ゴマに含まれているリグナン類の総称をゴマリグナンと呼びます。

ゴマリグナンにはセサミンのほかに、セサミノール、セサモリン、セサモール、セサモリノール、ピノレジノールなどがあり、どれも強い抗酸化力があります。 ゴマリグナンは植物性エストロゲンの一種です。

エストロゲンの減少を補うセサミンの効果

セサミンはイソフラボンとよく似た、エストロゲン様の働きがあります。 更年期で減少したエストロゲンを補うように体に作用し、乱れたホルモンバランスを整えます。 ホルモンバランスが整うと、肌のコンディションが良くなり肌荒れを改善し、髪の毛にも艶が出ます。

セサミンが女性ホルモン様の働きをすることで、視床下部の混乱が少なくなり、自律神経の乱れが改善され、更年期の不快な症状の数々が軽減されます。

効果的にセサミンを摂取できるサプリメント

ゴマは固い皮に包まれているので、そのまま食べると吸収が悪く、効率的な食べ方とはいえません。 セサミンは、擦りゴマ、練りゴマ、ゴマ油で食べると吸収が良く効果的です。

ゴマは火を通してもセサミンの効果は変わらないので、色々な料理に使えます。 ただし、ゴマの成分の約半分は脂質で、大量に食べるとカロリーが高くなり、肥満の心配もでてきます。

セサミンの効果を十分に得るためには、1日に10mgのセサミンを毎日摂取すると良いといわれています。 これはゴマ約9g、小さじ3杯分に相当します。 毎日、ゴマからセサミンを摂るには少し大変な量かもしれません。

そこでおすすめなのがサプリメントです。 セサミンのサプリメントはゴマからセサミンを抽出したもので、脂質を気にすることなく安心して摂取できます。

ビタミンE配合のセサミンのサプリメントがおすすめ

セサミンのサプリメントはセサミンだけでも効果がありますが、ビタミンEが配合されているものは相乗効果により、さらに更年期障害の軽減に有効です。

ビタミンEもセサミンと同様に抗酸化作用があり、ホルモンのバランスを整え、血行を促進し、肩こり、肌荒れ、のぼせなどを軽減します。

更年期障害の症状が出る前から予防の意味でも、セサミンの継続的な摂取が望まれます。 日常の食事にゴマをプラスしてみるのも良いでしょう。

更年期障害でお悩みの方、一度セサミンのサプリメントを試してみてはいかがでしょうか?