セサミンでシミが治る?

ある程度の年齢になると、お肌のシミで悩む人々が急増します。 シミを改善するためにはまずシミの原因を見極めることが大切で、原因に沿ったケアが必要です。

最近、セサミンがシミの改善に効果があると期待されています。 セサミンはシミの原因にどのような関わりがあるのでしょうか。

シミはどうしてできる?

シミはメラニン色素が皮膚に沈着した状態です。 メラニン色素は紫外線を浴びると、肌を守るために色素細胞から作り出されます。

肌はターンオーバーされるので、本来ならメラニンはいずれ剥がれ落ちてしまうのですが、何らかの原因でメラニンが皮膚に残り、色素沈着してしまったものがシミです。

活性酸素がシミの原因に

シミの原因のひとつに活性酸素があります。 この活性酸素は人に良い影響と悪い影響の両方を及ぼします。

紫外線が体内の活性酸素を増やす

紫外線を浴びると、体の中に活性酸素が作られます。 活性酸素は強い酸化力があり、体を細菌や病原菌から守り、人に有益な働きをします。 紫外線は害となるので、その害から体を守るため、大量の活性酸素が発生します。

活性酸素が皮膚を老化させる

体に有益な働きをする活性酸素ですが、増えすぎると細胞、内臓、そして皮膚をその強い酸化力で老化させてしまい、人体に悪影響を及ぼします。

活性酸素が皮膚を酸化させると、過酸化脂質が作り出されます。 過酸化脂質はヒアルロン酸やコラーゲンを破壊し、シミを作りだす原因物質のひとつです。

セサミンのシミを治す効果

セサミンは活性酸素を除去する抗酸化物質

セサミンはゴマに含まれるゴマリグナンという成分のひとつで、強い抗酸化作用を持っています。 ゴマリグナンはゴマに約1%含まれているゴマ特有の希少な成分です。

ゴマリグナンに含まれるセサミンの含有量はさらに少なく、1%以下です。 含有量は少ないとはいえ、セサミンには優れた効果効能があります。

セサミンは脂に溶ける性質があり、胃腸で分解されず、肝臓で活性酸素を除去します。 肝臓は活性酸素が多く発生するところです。 活性酸素が除去されると過酸化脂質の合成が減り、シミの発生を抑えることが可能になります。

セサミンは肝機能を高め、肌のターンオーバーを促進

活性酸素を除去する抗酸化物質は、その多くが胃腸で分解され、肝臓まで届きません。 しかしセサミンは肝臓に届き肝機能を向上する効果があります。

肝機能が高まると、肝臓の解毒作用が促進され、肌のターンオーバーが進みます。 肌のターンオーバーが進めば、メラニン色素がうまく剥がれ落ちるので、シミが改善されます。

肝機能の向上でメラニンを抑制するグルタチオンができる

セサミンが肝機能を高めることにより、メラニンを抑制する働きのあるグルタチオンという物質が活発に作られます。 グルタチオンはグルタミン酸、システイン、グリシンの3つのアミノ酸が結合した物質で、シミや色素沈着を抑制する働きがあります。

グルタチオンも抗酸化作用を持っているので、細胞内の活性酸素を除去し、シミの原因を取り除きます。

効果的なシミ対策とは

シミの原因となる活性酸素は、呼吸のほかにも、紫外線、激しい運動、喫煙、強いストレス、食品添加物などで発生します。

紫外線を長時間浴びないように気をつけ、夏場は特に日焼け止めクリームや帽子で肌を守るような対策が必要です。 そして活性酸素を除去するセサミンを、継続してある程度の期間飲むようにするとシミの改善に効果が期待できます。

セサミンはゴマに微量含まれている成分なので、サプリメントから飲むと効率良く摂取できます。 シミが気になる方、今日からセサミンでシミ対策をはじめませんか?